TRPG「魔法使いと工房と庭」のルールブックwiki。魔法使いとなって自分の工房と庭を構え、依頼をこなして成長していくゲーム。


自由と魔法の世界「アルズガルム」

アルズガルムは、魔法のある世界です。
また、多くの人が魔法使いとなって生きている世界です。

しかしその他のことについては、世界単位でものを語るのは非常に困難です。
なぜなら、アルズガルムは世界中を空間の歪みによって分断されていて、いまだ孤立した小さな世界として閉塞している地域がほとんどであるためです。

空間の歪み、あるいは亜空間と呼ばれるものは、断崖の淵の底のような、真っ暗な暗闇であったり、あるいはあらゆる物体を通さない空間の隔絶だったり、
または、明らかにアルズガルムの大地と異なる世界が口を開ける風景であったりします。

共通しているのは「入っていったものが二度と戻ってこないこと」。

一度だけ、空間の歪みを研究する魔法使いが使い魔の鳩を飛ばし、その鳩の羽が風に乗って帰ってきたことがありますが、それ以外には誰も、何も、帰ってきた試しがないのです。


魔法使いの庭

魔法使いの庭とは、通常の意味での庭ではありません。
アルズガルムの大地の任意の地点を足場にして亜空間を囲い、安定した隔離空間としたものが「魔法使いの庭」です。

魔力の源を置いて魔法の力を養う畑として、また、養った魔力を保管しておく倉庫として用いられることが多いようです。
生物・無生物を問わず、みずから魔法の力を生成できるものを「魔力源」、魔法の力が凝固したものを「魔力結晶」と呼びます。

亜空間、つまり世界を分断する空間の歪みを意図的に引き入れて作っているのが「庭」ですから、庭の囲いの外に出るのは極めて危険な行為です。

かつて「すべての庭は繋がっている」と提唱し、検証のために囲いの外へと歩み去った魔法使いがいたそうですが、以来、帰らぬままに百年の月日が流れています。

魔法使いの工房

魔法使いの工房とは、庭で採集した魔力結晶を精錬し、何らかの魔法を帯びた道具を作成するための場所です。
「庭」を囲うための起点として用いられる場合と、「庭」の囲いの中に設置される場合があります。

工房の中に庭があるか、庭の中に工房があるか。
前者の場合は工房の中から庭へ、後者の場合はアルズガルムのどこかから庭へ、何らかの経路を設ける必要があるでしょう。

かつて一つだった世界

アルズガルムは空間の歪みにより各地を分断されているため、地域ごとに、独自の多様な文化を発展させています。
しかし一方で、文化的交流がないというだけでなく、近年まで物理的に往来が不可能だった地域にさえ共通する文化があります。

魔法を使う人々、すなわち魔法使いは、必ず自分の工房と庭を持っていること。
また、高位の魔法使いを「グランマ」と称することです。

この2つこそがアルズガルムにおける唯一絶対ともいえる共通文化であり、散り散りに分断された世界がかつて一つであったと推測される由縁です。

アルズガルムが今の姿になった理由としては諸説ありますが、そのうちのひとつ、有名な伝承をお教えしておきましょう。
ある偉大なる魔法使いによって、世界は半身を虚無へと流されてしまったのだ――と。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます