TRPG「魔法使いと工房と庭」のルールブックwiki。魔法使いとなって自分の工房と庭を構え、依頼をこなして成長していくゲーム。

グランマとなって魔法使いたちに依頼を仲介するあなたへ。


グランマとは?

魔法使いへの依頼をとりまとめる、地域の相談役の大魔法使いを「グランマ(GM)」と呼びます。
グランドマザーの略ではなく、グランドマスターの略ですので、必ずしもおばあちゃんのキャラクターである必要はありません。
PCたちよりも高位の魔法使いであり、地域の人々の依頼を受ける窓口の役目をしています。
もっとも、大魔法使いが直接窓口にいる例は少なく、大抵は使い魔がお客の相手をするようですが。

グランマ(GM)の仕事

本ゲームにおけるGMの仕事は、以下のとおりです。
  • ゲームの進行とルールの裁定
  • 依頼品の数・種類・支給品の指定と描写
  • 移動中の風景の情景描写(簡単な町の設定など)
  • 納品時の評価点の算出と情景描写
  • 納品時の取締判定(禁術を使っているPCがいる場合)

このゲームは「みんなで少しずつゲームマスターをするゲーム」がコンセプトですが、
一般的なTRPGと同じく、ルールの裁定権を持って適用の判断を行うのはグランマ役です。

グランマ役はゲームの前に、「PLの心得」にも目を通しておくことを推奨します。

描写の切り替え

工房や庭に入ってから出るまでの間は、持ち主のPLが描写を行います。
移動中の風景の描写、「町のどこにPLの工房があるか」などは、PLの意見を聴きながら、GMが主導して描写を行うと良いでしょう。

採集パートと精錬パートの順番

誰から採集・精錬を行うかは依頼を受けたPL同士が自由に決めることです。
工房と庭は基本的に一体となっているので、誰かの庭に向かったらそのまま工房で精錬するのが分かりやすいでしょうが、
希望があるようであれば順番が入り乱れても構いません。
その際は以下の点に注意してください。
  • 必ず1人につき1回ずつの採集・精錬を行うこと
  • 魔法使いは自分の庭でしか採集ができない。また、自分の工房でしか精錬ができない。

その他

NPCを登場させてPCたちの工房へ一緒に出掛けていくなど、自由に遊んでみてください。

管理人のみ編集できます