TRPG「魔法使いと工房と庭」のルールブックwiki。魔法使いとなって自分の工房と庭を構え、依頼をこなして成長していくゲーム。

アレンジルール「旅の魔法使い」で使う【旅先】の一覧表です。
基本ルールで流用する場合は「移動必要額」の欄を無視しましょう。

1【はじまりの町プランタン】大樹に囲まれた窪地の中心にある賑やかな町。狭い路地裏を各種魔法具の専門店が埋め尽くし、揃わないものはないと言われる。鋭い目をした穏やかな老婦人、グランマ・ペトラが魔法使いたちを取りまとめている。移動必要額150G
2【天空の町 ベントフォルト】アルズガルムの空高くに浮かぶ、複数の浮島が連なった町である。季節風に乗って時期ごとに位置を変え、通り過ぎる地域と交易を行うことで栄えている。豪放磊落な大男、グランマ・アルフレドが町を治める。移動必要額80G
3【幻想の谷 イ・コルトル】大渓谷の底に広がる妖精族の町。魔法植物が豊かに生い茂る中で、様々な種族の妖精たちが集まって暮らしている。妖精の血を引く人間の女性、グランマ・トゥーリヤが魔法使いの居住域を守っている移動必要額50G
4【境界の暗黒街レライエ】亜空間の狭間に巧妙に隠された町。邪教の信徒を中心に、禁術の使い手が隠れ住む場所である。一度見つけたなら入るのは難しくないが、出るのは遥かに難しい。黒衣の神父、グランマ・コンラッドが町の実権を握る。レライエに滞在中は禁術の密告及び取締判定は発生しない。移動必要額300G
5【迷宮都市ベッカ】深い森の奥、沈黙の木立を抜けた先に存在する都市遺跡。現在でも一部の魔法使いが住処として利用しているが、大部分は苔に覆われた廃墟となっている。住んでいるのは変わり者の魔法使いが多い。双頭のグリフォンを連れた女性、グランマ・ライラが依頼を取りまとめる。移動必要額70G
6【学術都市グライツェン】世界一の蔵書数を誇る大図書館と、同じく世界一の工房数を誇る図書館街が都市の中心を占有し、それを囲むようにして研究機関や教育機関が密集している都市。数人のグランマが協力して魔法使いたちをまとめており、旅人の窓口となるのは自称魔法研究者の痩身の男、グランマ・ビオレである。移動必要額200G
7【港町ポルト・ウアリア】大海原の中心、キルタ島の湾岸で栄える港町。海洋魔法生物の狩猟が盛んであり、独自に発展した造船・狩猟技術を誇る。狩人としても確かな実力を持つ小柄な老婆、グランマ・リタが頭目として町を仕切っている。移動必要額100G
8【星明りの町ラムペリエス】一年のうち、日が昇る日が数日しか来ない常夜の町。魔法具の中でも灯火類の生産が盛んであり、休むことなく煌々と輝く町の灯りが美しい。夢魔法の第一人者で立派な白髭が有名な老爺、グランマ・ルドヴィコが魔法使いたちを取りまとめている。移動必要額150G
9【狂騒の歓楽街アルマドニヤ】世界中の娯楽が集まってくるアルズガルム最大の歓楽街。屋台や商店が雑然と並び、24時間いつでも喧騒に包まれている。元オペラ歌手の女性、グランマ・マリアンナが旅人への依頼を取りまとめる。移動必要額90G
10【幽玄の廃駅メルゲン】亜空間を漂流している、おそらくは誰かの「庭」。行こうと思うとどこを探しても見つからないが、旅路の途中に時折見つかる錆びた線路を辿ると行き着くことができる。この廃駅を訪れた旅人は、駅長を名乗る老紳士と出会い、何らかの依頼を持ちかけられる。移動必要額0G(いつでも旅立つことができる)

管理人のみ編集できます