TRPG「魔法使いと工房と庭」のルールブックwiki。魔法使いとなって自分の工房と庭を構え、依頼をこなして成長していくゲーム。

更新履歴


2017.5.20 「Q&A」更新
2017.5.17 「今をときめく魔法使い(試行版)」を公開
2017.3.11 「めくるめく魔法使い」を公開、「どどんとふ用ダイスbot」に各種イベントダイス表を追加
2017.3.7 「リプレイ」を公開、リプレイログ投稿bot、リプレイ動画の紹介を追加
2017.3.5 「用語解説」を更新、旅先表の町名の索引を設定
2017.2.19 「用語解説」を更新、基本的な単語の索引を設定
2017.2.12 リプレイ動画作成等のガイドラインを定めた「使用条件」を公開
2017.2.12 「旅の魔法使い」にTwitter診断「ギルドで依頼を受けったー」の紹介を追加
2017.2.12 「プレイレビュー」を公開
2017.2.6 「Q&A」更新
2017.2.4 1人用アレンジルール「旅の魔法使い」「【旅先】表」を公開、「どどんとふ用ダイスbot」に【旅先】表を追加
2017.2.2 「世界観」更新
2017.2.1 「Q&A」更新
2017.1.31 「Q&A」を公開
2017.1.31 基本ルール・データ表を公開 

TRPG「魔法使いと工房と庭」

  • 魔法ファンタジーTRPG
  • 想定PL人数:1〜3人
  • RP重視型(戦闘システムなし)
  • 想定必要時間2時間〜(オンライン・テキストセッションの場合)

ゲームの概要

ここは魔法のある自由の世界「アルズガルム」。
町、村、都市、その他どこにでも、たくさんの魔法使いが住んでいる世界です。
彼らは、魔法の力により人々のささやかな願いを叶えることで生計を立てています。

魔法使いへの依頼をとりまとめるのは、地域の相談役の大魔法使い「グランマ」。
ゲームマスターはグランマ(GM)としてPCの魔法使いたちに依頼を仲介します。

PLは修行中の魔法使いとなって自分の工房と庭を構え、グランマからの依頼品を作成・納品します。
納品後、評価点に応じてPCの能力値が成長していきます。

このゲームの特徴

  • 依頼パート、納品パートや移動中の町の描写はGMが行う
  • 採集パート、精錬パートにおける魔法使いの「工房」と「庭」の描写は、持ち主のPLが行う
  • 依頼→採集→精錬→納品で1回のセッションが終了する(ルールはシンプル)
  • 基本ルール以外は自由度が高いので、創作やRPが好きな人におすすめ

ルールの適用について

はっきりと書いていない部分について疑問が生じた場合は、GMの裁量で、あるいは一緒に遊ぶ人同士で、自由に決めて下さい。
基本は非常にシンプルなルールですので、アレンジして判定の回数を増やすなど、自由に楽しんでいただいて構いません。

免責事項

TRPG「魔法使いと工房と庭」を使って生じたいかなるトラブルにも、製作者は責任を持たず、関与しません。
また、本Wikiの内容は製作者の都合で削除されたり、記述を書き換えられる場合があります。
基本的にはエラッタ程度の編集に留める方針ですが、特に事前告知は行いませんのでご了承願います。

製作・著作

さいくる(Twitter @CubicWhisky)

管理人のみ編集できます